ディズニーリゾート PR

ディズニーの予算は日帰りだと高校生や大学生の場合いくら必要?ご飯代を節約して安く楽しむ方法も紹介

disney-budget-students

ディズニーリゾートへ遊びに行く時に、気になるのはやはり費用ではないでしょうか。

高校生や大学生などの学生さんだと、使える費用にも限りが出てくることが多いと思います。

もしディズニーに日帰り旅行に行く場合、高校生だと15,000~23,000円程度、大学生だと16,000~26,000円程度あれば余裕をもって遊ぶことができます。

あくまでも目安の金額ですので、これよりももっと費用を抑えることも可能です。

費用を抑える方法として一番効率が良いのは、やはり飲食代やお土産代を節約するところですが、他にもチケットや交通費もうまくやりくりすると節約できます。

今回の記事では、日帰りディズニーでは高校生、大学生の場合はいくら必要なのか、どのように節約すればいいのかなどをご紹介していきますね!

ディズニーの予算は日帰りだと高校生の場合いくら必要?

それでは、高校生の場合日帰りディズニーの予算はいくら必要なのでしょうか?

高校生の場合は、大体15,000~23,000円程度あれば日帰りディズニーを満喫できます。

予算の内訳は以下の通りになります。

チケット代 中人:6,600~7,800円
交通費 居住地によって差が出るため今回は割愛
食事代 しっかりしたレストラン:2,000~3,000円前後

リーズナブルなレストラン:1,500~2,000円前後

食べ歩き:1,500円程度

娯楽費 カチューシャ系:1,500~2,000円程度、キャップ系:3,000円前後
お土産代 5,000~10.000円前後
合計 14,600~23,800円程度

こちらはあくまでも例ですので、各予算はそれぞれ節約することが可能です。

目的や自分で予算の上限を決めることによって、かかる費用を抑えることができるので、自分が出せる範囲の予算の中で優先順位を決めると良いですね。

ディズニーの予算は日帰りだと大学生の場合いくら必要?

では、大学生の場合はどれくらい予算が必要なのでしょうか?

大学生の場合は、大体16,000~26,000円程度あれば日帰りディズニーを満喫できます。

予算の内訳は以下の通りになります。

チケット代 大人:7,900~9,400円
交通費 居住地によって差が出るため今回は割愛
食事代 しっかりしたレストラン:2,000~3,000円前後

リーズナブルなレストラン:1,500~2,000円前後

食べ歩き:1,500円程度

飲酒:750~1,000円程度

お酒を飲みたい場合、基本的にはレストランでの食事になるが飲み歩きできるワゴン販売もある。

お酒を楽しむ場合は高校生よりも食事代が高くなる。

娯楽費 カチューシャ系:1,500~2,000円程度、キャップ系:3,000円前後
お土産代 5,000~10,000円前後
合計 15,900~26,400円

高校生の日帰りディズニーの内訳と似ていますが、やはり年齢によるチケットの金額と飲酒を希望する場合によって金額は上がってしまいますね。

大学生の場合はチケット代がどうしても大人と同じ金額になり、飲酒が可能な年齢でもあることで飲食代も高くなる可能性があります。

その点を踏まえて、どのように日帰りディズニーを過ごすか事前に計画を立てて予算を設定してくださいね!

ディズニーでご飯代を節約方法

実際に行った人も感じていると思いますが、ディズニーは基本的に物価が高いです。

そのため、予算に限りがある場合はどこかで節約しないといけません。

1番節約がしやすいのはご飯代ですよね。

ここでは、ディズニーでご飯代を節約する方法をご紹介していきます!

 

節約方法は以下の通りです。

・高価な食事ではなく、リーズナブルなレストランや食べ歩きメニューで済ませる

・飲み物は持参する

・イクスピアリを活用する

 

レストランのメニューにも様々な金額があり、リーズナブルなメニューを揃えているレストランやパーク内を食べ歩きできるワゴン販売のメニューでご飯代が節約できます。

また、飲み物は持参できるので、ドリンクは買わずに自分が持ってきた飲み物で節約しましょう。

他にも、イクスピアリにはマクドナルドやサイゼリヤなどのチェーン店があるので、パーク内のお店よりもよりご飯代を安くできます。

ですがイクスピアリはパーク外にあるので、パークの再入場手続きを忘れないでくださいね!

ディズニーを安く楽しむ方法を紹介

ディズニーを利用する際、他にも予算を安くするための方法がいくつかあります。

その方法についてご紹介していきますね!

 

ディズニーを安く楽しむ方法については以下になります。

チケット代を下げる 春のキャンパスデーパスポート ・毎年11~3月の間に販売され、1~3月の入園が対象となっているチケット

・中学生、高校生、大学生、短大生、大学院生、専門学生まで対象のため、特に18歳以上の学生にはかなりお得な物

・実質400~500円程度お得になるチケット

・来園時には学生証を持参しておく

その他時期によって販売されているパスポート各種 ・現在は行われていないが、年間パスポートや首都圏ウィークデーパスポートなど、割引された金額で購入できるパスポートが出る可能性がある

・公式サイトや公式SNSなどでチェックしておく

食費やお土産を事前に厳選しておく ・金額を決めておく

・どの商品を買うか決めておく

・事前に使う金額の上限を決めておくことで使い過ぎを防ぐ

・事前にお土産で何を買うか決めておけば、どれくらいの金額がかかるのか分かるので金額が準備しやすい

・お土産は指定がない限りは、量が多く入っているお菓子などを選ぶとリーズナブルです

交通手段を抑える ①旅行会社の日帰りツアーを利用する ・旅行会社の日帰りツアーだと、交通費とチケットがセットになってリーズナブルな価格で販売されていることがある

・未成年の場合、保護者の同意や許可書が必要なので、各旅行会社に問い合わせる

②夜行バスを利用する ・基本的に新幹線や飛行機よりも夜行バスが一番安価な交通手段である

このように、飲食代やお土産代を抑える以外にも、日帰り旅行費用を抑える方法はあります。

ですが飲食代やお土産代のような手軽さはなく、時期によって安いチケットが無い場合もあるので、ディズニーへ旅行へ行く予定がある人は、こまめに公式情報や旅行会社の情報をチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回の記事では、日帰りディズニーに行く場合高校生や大学生はいくら必要なのか、費用の節約方法などをご紹介させていただきました。

チケット代やグッズなどの物価が少しずつ上がってきているので、やはり旅費の節約は必須になってきますね。

現地に行ってからお金が足りないと、わざわざお金を下ろしに行ったり欲しかった物を我慢しなければならなくなります。

時間が短い日帰り旅行だからこそ、事前準備をしっかり整えて、時間いっぱい楽しめるようにしてくださいね!

error: このコンテンツのコピーを禁止しております。